自由羊の雑記ブログ

筋トレと趣味、日々の生活、時事ニュースが主な内容です。

積立NISAの運用収益が全て吹っ飛んだ!

消えた収益

6月も半ばを迎え、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

羊は積立NISAの運用収益が吹っ飛びました。

 

つまり、投資信託の値上がり分がなくなっちゃったんですね。

悲しいですね。

(自分で書いててなぜ他人事のような書き方になるんだろう)

 

6月事件

今年の6月に入ってから一気に下がりました。

今までの値上がり分を一発で帳消しにするものでした。

 

原因は米中貿易摩擦です。

世界中の投資家たちが売りに走ったのでしょう。

羊は買ったら手放さない「バイ&ホールド」を基本にしているので、

売るという選択肢はありませんでした。

 

なぜバイ&ホールド?

株価が下がろうとも、運用収益が吹っ飛ぼうとも、

羊は売るつもりはありません。

なぜなら、アメリカの株価はまた回復することがわかっているからです。

むしろ成長し続けます。

それは過去のデータから明らかです。

アメリカの株式市場は世界恐慌オイルショックリーマンショックにも負けず、

大きく成長してきました。

 

株価の上昇と下落の平均をとると、アメリカの株式市場は年5~6%ずつ成長しています。

これはあくまで平均であって、10%上がる年もあれば、

10%下がる年もあります。

 

むしろいったん下落してくれたほうがいい

あくまで仮定の話ですけど、株価が下がりまくった時に買っておいたほうが、

その後の値上がりによる恩恵を大きく受けることができます。

「株式を底値で買うというものです。

 

どうせまた上がることが分かっているので、

羊は売りません。

震えながらも買い続けます。

 

最後に

株価が下落し、羊の財布に大きなダメージを与えていきました。

しかし、10年や20年の感覚で考えたとき、

アメリカの株価はもっと高くなります。

下がっている今こそ、

買いのタイミングです!

今は株式のバーゲンセールです。

 

それが分かっている羊は、愚直に積み立てを続けます。

トランプ大統領習近平主席が、一緒にゴルフでもしてくれたら、一気に解決するんですけどね)

 

投資はすべて自己責任です。

資産が増えるのも減るのも、自分だけで責任を取るしかありません。

 

このブログを読んでいただき、ありがとうございました!