自由ヒツジの雑記ブログ

投資・筋トレ・趣味が主な内容です。

ヒツジの積み立てNisaの内容

どーも皆さん、ヒツジです。

いちおうこのブログは、筋トレの他に投資もテーマの一つにしております。
なので、私がやっている積み立てNisaについて話します。

積み立てNisaって何?

制度についての説明は以前書いたことがあるので、
ここでは省略させてください。

ただ、ざっくり言うなら、
「投資によって得られた利益に税金がかからない制度」のことです。
普通のNisaと積み立てNisaがあり、
普通のNisaは、年間の購入限度額120万で5年間の運用益が非課税になります。
積み立てNisaは、年間の購入限度額40万円で20年間の運用益が非課税になります。

例えば、
積み立てNisaの口座で、
投資信託を10万円分買ったとします。
この10万円分の投資信託が、1年後に11万円分の価値になりました。
この時点で、1万円分の利益(運用益)が発生しています。
通常であれば、この1万円に所得税(20.315%)がかかります。
しかし、積み立てNisaの口座で買ったので、この所得税はかかりません。
1万円がまるまる自分のものとなります。

ヒツジはどんな金融商品を買っているのか?

私は楽天証券で積み立てNisaの口座を開いています。

購入しているのは、4本の投資信託です。
(積み立てNisaは投資信託しか購入できません。株式や債券は対象外です)
以下に4本の内容を書きます。

楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天全世界株式)
楽天・全米株式インデックスファンド(楽天全米株式)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
eMAXIS Slim 米国株式

どれくらいのリターンが出ているのか?

おそらく誰もが気になるのが、利益(運用益)だと思います。
ヒツジが積み立てNisaを始めたのが2018年9月です。
1年5か月の運用益は、14.7%です。

具体的な購入額は書きません。
しかし、14.7%の運用益と言うと、
例えば10万円投資すると、11万4700円になるので、
1万4700円の利益を得たことになります。

もちろん、この1万4700円の運用益に税金はかかりません。

積み立てNisaの感想

株式と投資信託の年間リターンは、よくて5%と言われています。
なので、ヒツジの14.7%と言うのは、かなり景気のいい数字と言うことになります。

しかし、最初からこんなに良かったわけではありません。

覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、
2018年10月から11月にかけて、
世界中の株価が一斉に下落したことがありました。
その時期は、ヒツジが投資を始めたばかりの頃です。
買い始めた途端、投資信託が一斉に下落しました。

正直、ショックでした。

ただし、これが後で大きなアドヴァンテージになりました。
投資信託の値段が下がったことで、
ヒツジは安い価格で価値のある投資信託を買うことができました。

株価の下落は一時的なもので、
その後回復しました。
そのため、安く買った投資信託が値上がりし、
相対的にリターンも大きくなりました。
愚直に買い続けたことが功を奏したのです。

以上のことから、
株価が下がっても、投資信託の値段が下がっても、
ヒツジは積み立てを続けます。

(この大きなリターンがいつまでも続くとは思いません。次の下落に向けて、心構えだけはしておきます)


このブログを読んでいただきありがとうございました!